プライバシーポリシー


 MUSB宮崎大学学生放送局は、個人情報とその管理について、それがたいへん重要であり、また、該当する個人の人格を尊重するという意味の上において、個人情報が慎重に取り扱われなければならないことを認識しています。 メディアを活用して情報を発信する団体として、個人情報を慎重に、また厳正に取り扱うことは、特に重要なことであると考えています。 インターネットの普及によるネットワークの急速な拡大により、特定の、または大量の情報が短時間で拡散される環境にあるため、より厳格に個人情報を保護する必要があります。 したがって、MUSB宮崎大学学生放送局では、国立大学法人宮崎大学個人情報保護ポリシーに準じ、以下の基本方針を定め、個人情報の保護に取り組みます。

1.個人情報の取り扱いに関する基本方針

1-1.個人情報の収集等
 個人情報の収集、利用及び提供を必要とする場合には、目的を具体的に明示して収集をおこないます。 収集した個人情報は、利用目的の範囲内で利用し、その目的以外の目的では利用しません。

1-2.個人情報の管理
 個人情報の盗難や改ざんおよび外部への漏洩等によるプライバシーの侵害を防止するため、適切な安全管理をおこないます。

1-3.第三者への提供
 本人の同意なく個人情報を第三者に提供しません。

1-4.個人情報保護の推進
 本ポリシー及び個人情報の保護に関係する規程等を継続的に見直し、改善に努めます。また、本放送局の活動に関係するすべての者に対し、個人情報保護の重要性とその責任を認識させます。

1-5.個人情報の開示・訂正等
 個人情報に対して、本人から開示、訂正、利用の停止を請求された場合には、法令に基づき合理的な範囲で誠実に対応します。

 また、メディア関連活動における個人情報の取り扱い方針を以下に定めます。

2.メディア関連活動における個人情報の取り扱い方針

2-1.取材において入手する個人情報の取り扱いについて
 取材先より依頼を受けて取材する場合、または、本放送局が独自に取材を実施する場合、ともに、取材により入手した個人情報は、共有範囲を番組制作関係者に限定します。 またその利用については、必要最小限にとどめ、番組制作終了後に不要となった個人情報は適切な方法により破棄します。

2-2.番組上での個人情報の取り扱いについて
 取材等により入手した個人情報のうち、番組内で映像もしくは音声により個人情報を提示する場合は、該当する個人に対し十分な説明をおこなった上で、必ず同意を得ることとします。 番組内で提示する個人情報は該当する個人の人格を尊重し、必要最小限にとどめます。

2-3.一般からの投稿等により得られる個人情報の取り扱いについて
 番組への視聴者からの投稿により得られた個人情報は、共有範囲を番組制作関係者に限定します。 投稿者には、番組上で利用する場合があること、および利用する範囲と内容を分かりやすく表示し、必ず投稿者の同意を得ることとします。 投稿により得られた個人情報のうち、番組上で提示する個人情報の内容は、必要最小限にとどめることとし、投稿者に対して損害を与えたり、名誉を毀損したりするような内容については提示しません。

 以上の通り、MUSB宮崎大学学生放送局は、個人情報の保護に関する法律をはじめとする個人情報に関する法令を遵守し、個人情報を適正に取り扱います。 また、個人情報を取り扱う者に対して必要に応じて教育を実施し、団体としての個人情報の保護に積極的に取り組みます。

トップへ